【自己投資学】米国の一流大学からオンラインMBAの学位、自宅から米国の修士号を勉強 – COURSERA online

アメリカに留学し、アメリカのトップスクールで修士号を取得することは、手が届かないように聞こえるかもしれません(教育ローン、お金持ち、カルチャーショック、面倒な申請手続き)。 しかし、米国の一流大学の学校のMBAは、Courseraのオンライン・オープンコースで、自分のペースで、オンラインで修了することができます。

著名なCourseraのプラットフォーム

Courseraのオンライン授業プラットフォームは、スタンフォード大学の2人の教授によるジョイントベンチャーのため、他のオンライン授業プラットフォームと比較して、以下のような利点があります。

28カ国、150以上の大学がオンラインコースを提供しており、その中には大学や大学院の公式コースを公開している主要大学の教授も含まれており、7000万人以上のユーザーが利用しているプラットフォームです。

大学、修士、ディプロマプログラム(大学などの教育機関が授与する公式プログラム)

誰向け?

  • 大学生:大学生活を充実させ、外国語の勉強にチャレンジし、卒業までに海外の学位を取得する機会を作る。
  • 大学院生:海外のカリキュラムに慣れるため、あるいは大学院レベルで海外の大学の学位を取得し、このレベルでの勉強を有意義なものにするために留学の準備をする。
  • 社会人:留学する時間的・経済的余裕はないが、海外の資格を取得する機会を持ちたいと考えている方。

Courseraで学ぶ最大の理由は、海外での生活費、授業料、出費、帰国後の不安などを考慮する必要があるからです。

Courseraのオンライン授業プラットフォーム

見逃せないオンラインMBA

MBAは、金融持ち株会社や銀行の予備役となることを希望する場合、学歴の中で最も不可欠なものの1つです。 MBAは、時に過剰なほどあるという意見もあるが、市場で最も需要のある学位であることは否定できません。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(University of Illinois at Urbana-Champaign)は、米国をはじめ世界の大学トップ50でおなじみの大学ですが、CourseraでiMBAの学位も作りました。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 – iMBA学位

iMBAの学位

見逃せない理由

  • すべてのコースをオンラインで修了し、学位を取得
    最大のメリットは、学位取得時に米国の大学から学位証明書を直接取得できることで、勉強に余念がない誰もが最大限の恩恵を受けることができます>
  • “ペイ・アズ・ユー・ゴー”_pay as you go
    オンラインコースのため、受講料はより柔軟に設定されており、受講開始時期が迫ってから請求されます。
  • 自由なクラス編成
    オンラインコースなので、自分の好きな時間に授業や試験のスケジュールを組むことができ、平均して24〜36ヶ月でコースを修了することができます。
  • オフィスアワー_Office hours
    修士号なので、オンラインビデオを見るだけでなく、教授やティーチングアシスタントとオフィスアワーを持つことができます。
  • 比較的安価な手数料
    アメリカの大学のMBAの平均的な費用は年間6万ドルから8万ドルで、生活費を含めると年間10万ドル以上、学校のアクティビティなどで12万ドル以上かかると思われます。
    また、アメリカでMBAを取得しながらアルバイトをすることは事実上不可能なので、トータルの費用はかなりの額に上ります。

    同等のiMBAプログラムは23,000ドルしかかかりません。また、アルバイトや仕事を続けながら自分の好きな時間に修了することができますから、コストパフォーマンスは高いと思われます。
  • 出願方法は比較的簡単です
    米国の大学や大学院への出願は、担当者や留学アドバイザーのサポートが必要で、英語の試験や出願書類の準備だけでも多くの時間とエネルギー、費用を消費しますが、Courseraのプラットフォームを利用した出願は比較的簡単です。

iMBAの学位

グローバルなインターネットの時代と向き合って

コロナ時期から3年近くが経過し、コロナ流行後の世界では、Web会議や在宅勤務、オンライン講座など、インターネットを使って世界とより密接なつながりを持つことに徐々に慣れてきました。 以前は、テレビ会議や電話会議は、物理的な選択肢の代替として常に見られていましたが、現在では、仕事上の会議、そして単に世界をつなぐための最初の選択肢として、ほぼ常に選ばれています。

オンラインコースやオンライン学位は、一見地味に見えるかもしれませんが、私はこれが未来だと強く信じています。 インターネットのスピード、テクノロジーの進化、オンラインコースの多様性はすべて、オンライン学習と自己学習が未来であるという事実を反映しています。

例えば、アメリカでは、「その場」で学ぶためには、その場にいる学生でなければなりませんが、今では、さまざまな情報メディア(Cousera online teaching platform, Youtube, Podcastなど)を通じて、地理がもたらすこの情報格差は徐々に消え、鍵は徐々に個人のものに戻ってきました。 重要なのは、今、個人の長所や能力に立ち戻ることです。
インターネットのグローバル化に備えよう!

Courseraのオンライン授業プラットフォーム