日本Suica、香港オクトパスカードが台湾で使えるようになる?!

2021年7月から、Suica、オクトパスカードが台湾で使えるようになる法規制の基盤が整備されます。

コロナ大流行の間、金でウイルスと接触を避けるため、電子資金決済の使用率が台湾で急拡大しました。それに加えて、ウーバーイートなどの業者も現金払いという手段を暫く停止し、電子資金決済という手段のみで支払いを利用できます。

研究によると、2020年台湾において、ラインペイなどの電子資金決済の取引額は新台湾ドル4230億を超えましたとされています。

https://www.mirai.com.tw/2021-taiwan-e-payment-industry-map-diagram/

コロナ大流行が収束になったとしても、電子資金決済で取引を行うこともニューノーマルになるのでしょう。今、利用されるクレジットカード、国内電子資金決済業者(台湾ラインペイなど)以外、近いうちに、

日本Suica、香港オクトパスカードが利用できるようになるかもしれません!

2021.07.01、新たな電子決済機構法(日本資金決済法に相当)が施行されます。それについての規則、命令など、先日主務官庁も発表しました。

外国の記名式前払式支払カードは台湾国内で主務官庁に特許される機構のショップで利用されます。つまり、日本Suica、香港オクトパスカードを支払い手段として利用できます。資金清算は台湾国内の資金清算機関と国外の資金清算機関と連携して行われます。

過去、国境を超えて現金なしで支払い手段はクレジットカードだけでしたが、今年から外国の記名式前払式支払カードに関する法整備が整えました。これからもっと多元な支払い方法が出てくるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です